に関する記事です。

アメリカ経済の動向

※この記事は、2011年ものものですが、参考になりそうなので再掲しました。
先日、アメリカ労働省により2010年12月雇用統計が発表されました。 失業率は11月の9.8%から9.4%と大幅に回復しています。新規失業保険申請件数や失業保険継続受給者数の推移をチェックしておりますが、この雇用統計をそれなりに裏付ける結果となっています。

≫続きを読む

補助金やリフォームローン

エネルギー問題への関心の高まりの中で、太陽光発電(ソーラーパネル)が注目を浴びています。住宅リフォームで太陽光発電システムを導入する場合、国や自治体の補助金や金利優遇のあるリフォームローンを活用することで、コストを抑えることができます。

節約できる電気代よりも金利のほうが安い

ソーラーローンの金利は3年ローンでだいたい2%前半です(2011年7月時点)。これは、節約できる電気代よりも十分に安い計算になります。太陽光発電リフォームを考える場合は、ソーラーローンを利用しても導入費用よりも安くなる計算です。

≫続きを読む

再生可能エネルギー促進法案を受けて、大手企業のメガソーラー発電事業への参入が相次いでいます。個人住宅でも、補助金制度の存在が周知されるようになってからは、太陽光発電システムの導入件数が大幅に増加しているとのことです。

ネット通販もできる

ところで、三菱、京セラ、パナソニック、シャープなどの住宅用太陽光発電システムは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのネット通販でも販売されています。価格はかなりお買い得になっているようです。

補助金対象となる住宅新築・リフォーム

太陽光発電導入の際に利用できる補助金については、金利優遇のある銀行のソーラーローンを参照ください。

≫続きを読む

ソーラーローン

住宅に太陽光発電ユニットを設置する場合、金利優遇のあるソーラーローン(太陽光発電目的用の住宅ローン)が利用できます。ソーラーローンは銀行や信販会社が提供しています。

国、自治体の補助金を賢く使う

再生可能エネルギーの普及のために、国と自治体では、それぞれ個別に住宅用の太陽光発電設置補助金を導入しています。これらは、併用できるメリットがあります。また、これはユニット設置業者が申請を代行してくれるケースが多いとのことです。

≫続きを読む

※この記事は、2008/4/24に投稿されたものです。

証券取引法の改正

2006年の金融商品取引法の施行により投資信託の販売が減っているそうです。金融商品取引法では、投資信託などの金融商品の販売の際に、大きな文字で元本割れリスクを明示することが義務付けられています。また、元本割れリスクが発生する仕組みなどについての説明も要求され、投資信託などの金融商品の販売が難しくなったことが原因でしょうか。証券取引法という名前でしたが、2006年以降、変更となっています。

≫続きを読む

複数の事業で構成される

消費者金融業界の基礎知識について、少し書いてみたいと思います。
消費者金融の大手は、たいていの場合、無担保ローン、クレジットカード、事業者向けローン、債権管理回収といった事業から成り立っています。債権管理回収は、サービサーとも呼ばれ、効率的に債権を回収するために、法務省によって設立が許可された会社です。

≫続きを読む

知名度アップ

ネット専業銀行の住信SBIネット銀行で口座を開設しています。最近、なんだかチープでネタも安直だけど印象的なTVCMなどで知名度が高いかもしれません。

住信SBIネット銀行とは

住信SBIネット銀行がどういう銀行かというと、住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資して設立されました。住友信託銀行は、三井住友トラスト・ホールディングス傘下の信託銀行で、一般的に住信と呼ばれます。信託銀行は、一般的に、信託業務と銀行業務を兼業する銀行のことです。SBIホールディングスは、ネット証券大手のSBI証券などのグループ会社で知られます。

≫続きを読む

増税は実施されるか?

消費税法案が成立して、現在5%の消費税は2014年4月に8%、2015年10月に10%へと、段階的に増税されることになりました。消費税増税法案には、増税実施の可否を決めるための景気条項が付随しており、一部報道では実施されるかどうか未定という論調になっています。しかし、与党幹部が海外メディア向けで、予定通り実施する、などと述べており、景気条項はあまりアテにしないようが良さそうです。

≫続きを読む

「借りたカネは忘れろ!」という借金関連の著作を読んだら、借金というのは商品と考えるべきと書いてあり、なるほどと思いました。

レンタルショップを例に考えると

「借金=商品」というのは、つまりこういうことです。たとえば、レンタルショップでは、レンタルしたものが返ってこない場合を考えて、保険をかけたりするのが普通です。これと同様に、銀行やサラ金などにとって、融資というのは、いわば融資という名のレンタル商品というわけです。
だから、銀行や消費者金融(サラ金)などの貸金業者は、融資という名のレンタル品がトラブルなどで返ってこない場合を考えるべきであるということです。そうしないのは貸金業者の責任ということです。

≫続きを読む

ここのところ、金価格が上昇をしています。
金先物などの週足チャートを見ると、一本調子で上昇をしてきていることが分かります。月足レベルで見ると、2008年のリーマンショックの際に落ち込んだものの、そこから上昇トレンドに入っています。

もちろん、この先も上昇を続けるかどうかは分かりません。バブルとも言われています。

とはいえ、上昇している金融商品は金だけではなく、商品全般に言えることなので、金価格を中心にしてはマーケットは語れないと思われます。

金(ゴールド)の特徴

金(ゴールド)は、株式や国債などと違い、発行元の組織の信用力には左右さにくい、という特徴があります。グローバルマクロな観点からすると、金価格は、株価、債権、通貨と相反関係にあるとも言えます。

また、今最も有名なヘッジファンドが金(ゴールド)中心にポートフォリオを組んでいるという噂も、金価格を後押ししているようです(もちろん、ヘッジファンドの資金は撤退するのも素早いので、有力ファンドが買っているからといってマネして買うのはよくありません)。

結局のところ、リーマンショック以降、不透明さを増した世界経済やサブプライムバブルのツケをかかえた中央銀行などの信頼に疑問がついたことが金(ゴールド)の上昇の一因であるといえるかもしれません。