未分類

未分類 に関する記事です。

知名度アップ

ネット専業銀行の住信SBIネット銀行で口座を開設しています。最近、なんだかチープでネタも安直だけど印象的なTVCMなどで知名度が高いかもしれません。

住信SBIネット銀行とは

住信SBIネット銀行がどういう銀行かというと、住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資して設立されました。住友信託銀行は、三井住友トラスト・ホールディングス傘下の信託銀行で、一般的に住信と呼ばれます。信託銀行は、一般的に、信託業務と銀行業務を兼業する銀行のことです。SBIホールディングスは、ネット証券大手のSBI証券などのグループ会社で知られます。

≫続きを読む

「借りたカネは忘れろ!」という借金関連の著作を読んだら、借金というのは商品と考えるべきと書いてあり、なるほどと思いました。

レンタルショップを例に考えると

「借金=商品」というのは、つまりこういうことです。たとえば、レンタルショップでは、レンタルしたものが返ってこない場合を考えて、保険をかけたりするのが普通です。これと同様に、銀行やサラ金などにとって、融資というのは、いわば融資という名のレンタル商品というわけです。
だから、銀行や消費者金融(サラ金)などの貸金業者は、融資という名のレンタル品がトラブルなどで返ってこない場合を考えるべきであるということです。そうしないのは貸金業者の責任ということです。

≫続きを読む

ここのところ、金価格が上昇をしています。
金先物などの週足チャートを見ると、一本調子で上昇をしてきていることが分かります。月足レベルで見ると、2008年のリーマンショックの際に落ち込んだものの、そこから上昇トレンドに入っています。

もちろん、この先も上昇を続けるかどうかは分かりません。バブルとも言われています。

とはいえ、上昇している金融商品は金だけではなく、商品全般に言えることなので、金価格を中心にしてはマーケットは語れないと思われます。

金(ゴールド)の特徴

金(ゴールド)は、株式や国債などと違い、発行元の組織の信用力には左右さにくい、という特徴があります。グローバルマクロな観点からすると、金価格は、株価、債権、通貨と相反関係にあるとも言えます。

また、今最も有名なヘッジファンドが金(ゴールド)中心にポートフォリオを組んでいるという噂も、金価格を後押ししているようです(もちろん、ヘッジファンドの資金は撤退するのも素早いので、有力ファンドが買っているからといってマネして買うのはよくありません)。

結局のところ、リーマンショック以降、不透明さを増した世界経済やサブプライムバブルのツケをかかえた中央銀行などの信頼に疑問がついたことが金(ゴールド)の上昇の一因であるといえるかもしれません。
ヘッドライトのHID化がかなり人気です。
ヘッドライトの電球のことをバルブと呼ぶのですが、このバルブを通常のハロゲンタイプから、HIDタイプに交換すると、かなり明るく、見栄えがよくなります。

このHIDですが、スフィアライトというHID専門店で、取り付け簡単なHIDフルキットを激安通販できます。HIDの激安ショップはいくつかあるようですが、3年保証付きなのと、電話サポートがけっこう親切ということなので、スフィアライトのHIDフルキットがオススメです。メーカーは分かりませんが、スタッフも愛用とのことで、ちゃんとしたところだと思います(そもそも卸売は「仕入れ」が一番重要なので、聞いても教えてくれないでしょう)。分解して調べた人の写真がHPに載っていましたが、商品の仕上がりはかなりいいとのことで、心配はないでしょう。むしろ、かなり人気なので在庫がどれだけあるかが心配かもしれません。

HIDバルブ取り付けも意外に簡単です。
スフィアライトではHIDフルキットとして販売されているので、あとで部品が足りなかった、という心配もありません。どうしても自分でやるのが心配なら、近所の車屋さんなどにHIDフルキットを持ち込んでお願いすれば、すぐに交換してくれると思います。

詳しくはコチラ⇒スフィアライトのHIDフルキット


hid

用語解説

HIDとは
High Intensity Discharged lampのこと。つまり、ハロゲンランプよりもずっと明るいヘッドライトのことです。

H4 hi-loバルブとは
バルブとは車・バイク用のヘッドライトの電球のことで、H4 hi-loタイプが最も普及しているとのこと。H4 hi-loタイプには35Wと55Wのものがあります。また色温度(ケルビンKで表現される)による区分もあります。

バルブには、その寸法に基づくタイプ区分があります。
スタンダードなH4 hi-loタイプのほかにも、H1やH3、HB4などのタイプがあります。

ケルビンとは
HIDランプでは、ケルビン(K)という単位を使って明るさを示します。ケルビン(K)とは、色温度を表す単位で、数字が小さいほど赤味がかり、大きいほど青っぽくなります。

ハロゲンバルブの純正品で3200K、HIDバルブの純正品で4300Kとのこと。卸販売のスフィアライトによるとHIDバルブの場合、6000Kが一番人気で、2番人気が8000Kという話です。なかには30000Kのものもあります。

弁護士の数


弁護士は現在2万人以上います。
日弁連のHPを見ると、外国人弁護士も増加しています。

≫参照

各地の弁護士会へ所属


弁護士は、みな各地の弁護士会へ所属しています。
弁護士会は、地方裁判所の管轄区域ごとに設置されています。
基本的に各都道府県に一つですが、東京などは3つの弁護士会があります。

日弁連(日本弁護士連合会)


ニュースなどでよく日弁連の名前を見かけます。
日弁連は、各地の弁護士会の上位組織で、弁護士はみな日弁連の会員です。

弁護士は、身もふたもない言い方をすれば、いわば法律専門の業者で、必ずしも正義の味方というわけではありません。もちろん中には優れた実績をお持ちの方も大勢いらっしゃいます。

日弁連は、基本的人権の尊重・社会正義の実現という弁護士の基本的な使命を元に行動しています。

委員会活動


日弁連の人権擁護活動は、その社会的使命を達成するための最も重要な活動の一つと位置づけられており、さまざまな委員会を設置して実践をしています。

また、公害防止、環境保護、消費者保護、暴力団対策なども行ないます。

  • 人権擁護委員会
  • 両性の平等に関する委員会
  • 高齢者・障害者の権利に関する委員会
  • 子どもの権利委員会
  • 消費者問題対策委員会
  • 民事介入暴力対策委員会
  • 公害対策・環境保全委員会
  • 情報問題対策委員会
  • 多重債務対策本部(旧・上限金利引き下げ実現本部)
  • 男女共同参画推進本部

日弁連の委員会活動