消費税増税前に住宅やマンション購入を急ぐべきか

消費税増税前に住宅やマンション購入を急ぐべきか に関する記事です。

増税は実施されるか?

消費税法案が成立して、現在5%の消費税は2014年4月に8%、2015年10月に10%へと、段階的に増税されることになりました。消費税増税法案には、増税実施の可否を決めるための景気条項が付随しており、一部報道では実施されるかどうか未定という論調になっています。しかし、与党幹部が海外メディア向けで、予定通り実施する、などと述べており、景気条項はあまりアテにしないようが良さそうです。

住宅やマンションの駆け込み需要

消費税増税前には、駆け込み需要があります。特に、住宅やマンションなど、高額な買い物になるほど、駆け込み需要は増加します。実際に、夏休みシーズンには、住宅メーカーの展示場は、例年にない活気だったとのことです。またリフォームも最近はかなり人気となっているようです。

住宅やマンション購入を急ぐべきか

ここで、消費税が増税される前に、住宅やマンションの購入を急ぐべきか、という議論があります。急ぐべきだという意見は、「引越しの時、家電や家具、生活用品も買う必要があるので、やはろ増税前に購入をしておきたい」というものでした。

エコポイントの例

しかし、掲示板などでの議論を見ると、消費税増税後に買うほうがお得、という意見が多勢でした。その理由の一つは、エコポイント後に、家電製品の価格が大幅に下落した、というもの。また、消費税増税後のほうが、値引き交渉が優位に運べる、という意見もありました。

ソーラーローン

太陽光発電ユニットの導入の場合は、国、自治体の補助金の他にもソーラーローンも利用できます。ソーラーローンとは、クレジット信販会社などが提供している低金利ローンのことで、太陽光発電メーカーや施行業者と提携しています。
アルファブロガーを目指せ

ページ移動













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://urourokk.blog79.fc2.com/tb.php/386-a5fd635b